my*Rhythm Note 2nd.

整理収納アドバイザー 尾山敬子のBLOG♪

◆ご案内◆整理収納アドバイザーフォーラム2011

ハウスキーピング協会主催

整理収納アドバイザー1級、2級取得者対象

『整理収納アドバイザーフォーラム2011』



今年は全国7箇所で

整理収納に関するコンペティションが行われます。


大阪会場は

2011年10月1日(土)10:30~

会場:ドーンセンター


詳細はこちらをご覧になっていただいて





さて、私は、今年もフォーラムの運営スタッフ

企画担当として関わらせていただいています。


月2回のミーティングを重ね

「知って」、「出会って」、「楽しむ」 

充実した内容のフォーラムを今年も開催します。



講演会には

石川県立大学 高月紘先生

「ゴミを通して暮らしを見つめる」






今回、この企画をご提案させていただいたのも

整理収納を促進する際

モノを手放すことを促さないといけないケースも多くあります。


モノとの付き合い方

モノとの関わり方を

伝えるにおいて


現実のモノの行きつく先。

ゴミやモノの流れについて

私たちアドバイザーは

現実の実情を知ることが大切。



断捨離ブームで

まちがった解釈では

「整理収納はまず捨てることなんでしょ。」と

思われてしまうことも。。。


捨てることばかりが先行する整理収納は決して違う。



ただ、スペースとモノの量のバランスは

考えていかなければいけないのも事実。



モノとの付き合い方。

モノとの関わり方。

モノと良好な関係。



モノの循環を考えた

モノの流れや現状

ゴミの実情を知ることで


新たなモノの持ち方の視点や

改善できる観点になるかも。。。。と



ここ数年


私はずっとモノが生産されモノの行きつく先は

どのようになるのか


日本での実情。

世界での実情。

地球規模ではどうなのか。。。



モノに満たされていない国や人。

モノにあふれている国や人。

どんなモノが本当は必要で

何があふれているのか。



「環境」を視点にも

一度、整理収納アドバイザーは

事実を知っておくべきと思っていました。




こんな思いから

ご縁があって 高月先生をご紹介いただき

今回のフォーラムで貴重な講演をしていただける

機会となりました。。。



更に午後からは

整理収納アドバイザーの研究テーマの

コンペティションの予選会です。


どのような視点での研究発表の内容なのか

毎年、刺激を頂き感心します。



学びの多い、充実したフォーラム。


フォーラム後の交流会ではワイワイと

新たな出会いに盛り上がります。



そして今年は

協賛に「日本フォトスタイリスト協会」さんか加わっていただき

盛り沢山なフォーラムです。



整理収納アドバイザー1級、2級の皆さん


是非是非、フォーラムでお会いしましょう。


お勧めですよ。

ハウスキーピング協会のHPよりお申込みください



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いいたします。
ありがとうございましたm(__)m
 
 『整理収納・インテリア相談』 『整理収納サービス』
  詳細お問い合わせはこちらからどうぞ。




該当の記事は見つかりませんでした。