my*Rhythm Note 2nd.

整理収納コンサルタント尾山敬子のBLOG♪

◆小さな整理と収納◆ 洗面所の棚の見直し

洗面所

ここ最近、しばらく放置していた

洗面所の棚のモノの乱れが気になっていたのです。。。



昨晩、洗面所に立ってこの扉を開けた時



フト思い立って始めた


小さな整理と収納。(かかった時間約20分)




最近、毎日使う日焼け止めクリームが

一番上の棚にあって使いづらかったので

真ん中の棚に移動。


それぞれボックスを仕切りにしているので

カボッとそのボックスごと引き出して

移動すればいいだけにしていますが


良く見ると、ボックスの中も結構埃が;;;;

1つのボックスをしたら

どれもが汚れているのに気づいて

結局、全部のボックスの

中を取り出して

洗う

サッと洗うことに(^_^;)


ついでに棚も拭いて

化粧品のボトルの汚れも拭いて

戻す。


これからのシーズン良く使うモノを

使いやすい場所に置き換え


これが特に大きく変わった訳ではないけど



なんだかこれだけのことだけど

洗面所に立つと気持ち良くなりましたよ~。

こちらがビフォーで

洗面所棚ビフォー


こちらがアフター

洗面所棚



見た目のキレイさよりもここは

出し入れしやすさと

モノの管理が優先順位。



ただ、こういう棚の収納ポイントは

『目の位置と手の動き』

これをポイントに棚の高さを考えてモノを収めてます。



どういうことかと言うと。。。

一番上は、頻度の低いものと夫のもの
私からすると、目の上の高さなので、手の動きは
下から来るので、モノと棚の高さのゆとりが少なくても
出し入れできる。

そして、奥まで見渡せない高さなので
ボックスにまとめて引きだして使え、管理できる仕組みを。。

夫のモノや頻度の低いモノを置く様にしています。



真ん中は、目の高さで正面から手の動きが出来るところ。

棚とモノとの間に手が入る隙間を作ると
奥のモノまで取り出しやすいですよ。

ここは頻度の高い細かなモノを置く様にしてます。


そして、

一番下の棚は、目より下の位置。
手も上から下への動き。

なので、棚板とモノとの隙間を多くとり
上から奥まで見渡る
出し入れが楽なゆとりの空間を設けてます。

ここは一番出し入れしやすい位置。
子どもたちが使うモノ中心に収めてます。



この「目の高さ、手の動きを考慮した棚の位置と余白」

毎日を楽に出し入れが続くポイントでしょうか^^


 
棚の収納を考える時

応用できますので、

込み入った収納用品を使ったテクニックではなく


動作動線と感覚を重視した

収納のテクニックでした。。。


お試しください(^^)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いいたします。
ありがとうございましたm(__)m
 
 『整理収納・インテリア相談』 『整理収納サービス』の 
 詳細お問い合わせはこちらからどうぞ。










Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://myrhythm11.blog.fc2.com/tb.php/60-6b5cfe76
該当の記事は見つかりませんでした。